最近の高速道路には必ずと言っていいほど設置されている「ETC」ですが、ETCレーンを通過する時にETCカードを挿入していなかったり、誤った挿入方法をしてしまうと、ゲートの開閉バーが開かずレーンを通過することが出来なくなってしまいます。万が一ETCカードを正しく入れ忘れてしまい、開閉バーが開かない時はどのように対処すればよいのでしょうか。開閉バーが開かない時の対応は「二輪車」と「四輪車」で異なりますが、どちらの場合も絶対に後退したりUターンをしてはいけません。高速道路は車が高速で行き交っているため、急に後退したりUターンをしてしまうと後続車と衝突する恐れがあります。四輪車の場合は、まずゲートの開閉バー手前で車を停車させます。この時、開閉バーに接触しないよう注意します。車を停車させると係員がインターホンで対応してくれるため、その指示に従いましょう。また、二輪車の場合は開閉バーと後続車両との接触に注意し、開閉バーの間を通過します。四輪車と異なり、レーン内で停車してはいけない点に注意しましょう。入口のレーンで開閉バーが開かなかった場合は、インターホンでの指示を待たずにそのままゲートを通過します。そして、出口の料金所で一般レーンに入り、入口でETCゲートを正常に通過出来なかった旨を係員に伝えましょう。

停車せずに料金所を通過できるETCは便利ですが、まれにETCのレーンが開かないことがあります。
原因は、ETCカードの入れ忘れやカードの挿入が不完全であること、ETC未搭載の一般車両が誤って進入すること等です。
万が一レーンが開かなかったときは、その場で停止し、ゲートに設置されているインターフォンを押して、料金所係員と連絡を取ります。その後の対応は係員の指示に従います。
入口料金所でレーンが開かない場合は係員に通行券をもらいます。この場合は出口料金所でETCレーンを利用できないため、係員のいる一般レーンを利用します。出口料金所を通過できなかった場合は、係員の指示に従いカードを提示したり、料金の支払いの手続きをしたりします。
また、二輪車の場合は、ETCバーや後続車両への接触を避けて退避します。
もし、開閉バーが開かないまま通過してしまったときは、速やかに料金所または管轄の道路会社に連絡し、通行料金の支払いについて問合わせてください。
後続車に追突されるのを防ぐため、車を後退させたり、車から降りて歩いたりしてはいけません。このようなトラブルに安全に対処するためにも、ETCを通過する際は時速20km以下で走行し、車間距離を十分に取りましょう。

ゲートを通過するだけで簡単に高速道路を通過できるETCは、通行料金の割引を受けられたり、わざわざ現金の準備をせずに高速道路を利用出来る大変便利なものです。ETCを利用するには、あらかじめクレジットカード会社にカード発行を申し込み、専用の車載器にカードを差し込みます。最近の車は購入時に専用の車載器を取り付けてくれるところがほとんどですが、もし車載器がない場合はあらかじめ車載器を装着する必要があります。実は、車載器を使う前には事前に必ず「セットアップ作業」をしなければなりません。これは、車載器が装着されている車の情報を登録する作業で、ETCのゲートを通過する際の車両特定を行い、適正な通行料金を算出するために不可欠な作業です。セットアップ作業は暗号処理などの高度なセキュリティ処理を行うため、車の持ち主が自ら行うことは出来ず、カーディーラーかカー用品店などの専門店で行う必要があります。特に初心者の場合は、車載器の取り付けとセットアップ作業を同時に実施してもらえるカー用品店に行くのがおすすめです。カー用品店には様々な種類や価格の車載器が売られており、豊富な知識を持った店員も在籍しているため、初心者はカー用品店で車載器を取り付けてもらいましょう。

ETCトラブルのなかでもあるあるなのが、カードの入れ忘れではないでしょうか。
機械にカードの挿入を忘れて、そのまま車を発進してしまい、ゲートを通れないということはよくあると思います。
そのままカードを挿入しっぱなしにすれば大丈夫な訳ですが、一家族に一枚だけ作成して、複数の車を所持していた場合は差し替える必要があるためよくあることなのです。
これを防ぐためにはしっかりと確認することが大事ですね。

その他にもたくさんETCあるあるはあります。
前方の車が先ほどと同じようにカードを入れ忘れたか、有効期限が切れていたかでレーンで止まってしまい立ち往生してしまいます。
後ろに並んでいると待たされてしまうので、できるだけ避けたいことですよね。
カードを入れ忘れた方の中には当然進入できるだろうと、そのまま発進してしまい開閉バーにぶつけてしまう人もいます。
大きな事故というものは少ないのですが、当然開くものだろうと思い込んでしまうため接触がよく見られるのです。

カードを入れたのにゲートが通れないこともあるのですが、これは機械が古くなって読み取り機能が劣化している時によく起こる現象です。
低速で通行すれば大丈夫なことも多いのですが、急にスピードを落とすと危険なので、やはりカードの挿入もそうですが、新しい物に交換しておいた方が良さそうですね。

高速道路のトンネル火災に遭遇したら大事故に繋がる可能性があります。滅多に発生することではないとはいえ、巻き込まれる可能性はゼロではないので対処法を知っておくことは大切です。

トンネル進入前に火災発生が確認できたら、進入はせずに入口手前で停止します。距離が長いトンネルの場合には、トンネル用入り口信号機に赤信号が点灯、または入口表示板に進入禁止が表示されるのできちんと確認して進入しましょう。

トンネル内で火災が発生してしまったら、非常口の確認をします。
車外に出る場合は非常駐車帯または左右によせて停止させます。車のキーは車内に残したままで、ドアロックもする必要はありません。

他の車からの安全、煙や炎の安全が確保できたら、非常電話や通報装置から火災発生を管理会社に報告します。トンネル内では200m間隔で非常電話、50m間隔でボタン式通報装置が設置されています。
また、消化器は50m間隔で設置されているので、初期消火には有効です。また、50m間隔で消火栓が設置されているトンネルもあります。

ただ、無理をしてはいけませんので、火災発生を知らせた後は避難を第一に考えてください。トンネル内のスピーカーで避難指示が出るのでそれに従いましょう。

高速道路で事故や故障が発生した際、撥ねられる、衝突されるなどの2次被害が起こりやすくなっています。そこで、大事故を防ぐために慌てずに落ち着いて対処しましょう。

車外へ避難中、車内で待機中、通報中、路肩で事故当事者同士での話し合い中や修理中の時に撥ねられるケースが多発しています。
そのため、まずはハザードランプの点灯、発炎筒を着火、停止表示器材設置で後続車に合図を送る必要があります。自動車を動かせる場合は路肩へ寄せましょう。この際にも後続車へ合図を送ることが必要です。

そして、車の周りに立たない、うろちょろしない、車内に残らないことが大切なので安全な場所へ避難します。
高速道路の場所によって安全な場所は変わりますが、路肩へ移動することは前提です。その上で、ガードレールの外側に出れるのなら出てしまいましょう。

通報は避難してからです。
携帯電話を所有しているのなら道路緊急ダイヤルまたは110番にかけましょう。携帯電話を所有していない場合は非常電話が使えます。
非常電話は本線上に1kmおき、トンネル内に200mおき、インターチェンジ、サービスエリア、パーキングエリア、バスストップ、非常駐車帯に設置されています。
また、自身でレッカー会社等に依頼することもできますが、その際も安全を確保してから行ってください。

車に乗って仕事や遠くへ出かけることは珍しくありませんが、事前の点検がとても大切です。
まず確かめておきたいのが燃料やエンジンオイルの確認、車を動かすエネルギーなのでこれが無いと走れません。
燃料が少ない状態で走行すると燃料ポンプやバッテリー等にダメージを与える事になり、寿命が短くなる恐れがあります。
反対にエンジンオイルが多すぎるとエンジン内の油圧の低下やマフラーからの煙、各部の焼きつきが発生しエンジンに負担がかかります。

続いて冷却水です、多すぎると液体がドレンから溢れてしまうので気をつけましょう。
ラジエーターのキャップがしっかり閉まっているかも重要です、もしキャップが緩んでいると冷却水が漏れて不足しオーバーヒートの恐れもあるので必ずしっかり閉めましょう。

ファンベルトの張り過ぎや損傷の有無にも注意が必要です、ウォーターポンプを介しているベルトの場合ポンプの故障の原因となってしまう事もあるので規定の範囲内にしましょう。

最後にタイヤです、空気圧の量と溝の深さを確かめます。
空気圧が低すぎるとたわみが増加し走行の際に抵抗が増し、燃費悪化に繋がります。
また、段差乗り上げ時にコード切れを起こしたり発熱量の増加によって損傷が増えるといった事も起こります。
逆に空気圧が高すぎると摩耗や傷つき、段差への反応が過敏となり車の揺れが激しくなります。
溝は浅くなるとスリップしやすくなり、事故を起こす危険があるので溝の深いタイヤと交換しておきましょう。

 高速道路は一般道路とは異なり、法律によって様々な規則が設けられています。一般的には「高速道路」と呼ばれるものは、東名高速道路と、名神高速道路の二つであり、有料無料を問わずそれら以外の自動車専用道路として扱われている道路は「自動車道」もしくは「高規格道路」と区別しているため、全ての自動車専用道路を高速道路と言うのは厳密には正しくありません。従って制限速度は、各道路ごとに異なっているのが真実です。自動車の大幅な性能向上もあり、昔の道路基準で定められた法律にそぐわないという声もあり、場所によっては交通事情を検討のうえ制限速度を引き上げているケースもあります。しかし、新東名高速道路に関しては設計速度が制限速度よりも格段に飛躍しているにも関わらず、未だ制限速度の引き上げを実施していません。おそらくそれには、パトカー等緊急自動車の緊急走行時の制限速度の法律も変更せざるを得ないから難航しているのかもしれません。いずれにせよ、運転する時は常に速度超過になっていないかを注意する必要があります。
過疎地では対面通行もありますが、片側に通行車線が2車線ある場合は、左側が走行車線、右側が追い越し車線と通行区分が定められています。通常は走行車線を走行し、追い越しが必要な場合は追い越しを終えたあとは速やかに走行車線に戻らないといけません。そのまま追い越し車線を走行し続けるのは通行区分帯違反となりますので注意が必要です。

アーモンド車を運転する人の中には、近所のシンプルなコースを走るだけの人もいれば、高速道路に乗って遠くに行く人もいるでしょう。高速道路と言うのは、一般道と比べて環境がガラリと変わりますから、それなりの注意点と言うのがあるものです。
必ず覚えておきたいのが、車間距離です。高速道路はかなりの速度が出ているものです。ですから、きちんと車間距離をとって走行することが大切です。例えば、100キロで走行中には、100メートルの車間距離が必要と言われています。そして、状況によってはさらに距離をとる必要があります。雨の日の場合には、2倍ぐらいは距離をとっておいた方が安全なものです。
これだけの速度が出ていたら、当然すぐには停止できません。ですから、常に安全を意識して適切な車間距離を保つことが必要になってきます。
ちなみに、高速道路と言うのは、タイヤへの負荷が大きいため、スタンディングウェーブ現象と言って、タイヤが破裂してしまうことがあります。こういったことにならないようにするために、事前にタイヤのチェックをしておきたいところです。空気圧や残りミゾをチェックすることで、タイヤの状態を把握できますので、トラブル防止に役立てることができるものです。