能登半島へのドライブをお考えの方に、能登島家族旅行村Weランドにご宿泊はいかがでしょうか。石川県七尾市の、七尾湾に囲まれた能登島という島にあり、海と森に囲まれた最高のロケーションでキャンプを楽しむことがてきます。オートキャンプサイトは電源有り、電源無し、合わせて130サイト以上あり、大変広々としていますし、無料のシャワーがあるのも魅力的です。キャンプ好きな方にはもちろんのこと、「宿泊はキャンプにしてリーズナブルな旅に」という方にもおすすめです。また、ディキャンプの利用も可能です。「テントに宿泊するのはちょっと」という方には、キッチン、浴室、トイレのあるケビンやトレーラーハウスも有りますのでそちらをおすすめします。トレーラーハウスにはキッチン、浴室、トイレは有りませんが、前面に屋根つきのウッドデッキが有るのでバーベキューをしながらのんびり過ごすことができます。また、能登島には、水族館、ガラス美術館、ゴルフ場、うさぎの楽園バニファランド等が有り、観光を楽しむことができますし、古くから漁業が盛んな島ですので、地元の海の幸を堪能する事ができます。予約する事で、お昼ご飯を食べさせてくれる民宿もあります。食事も観光も、能登島は魅力満載です。

ドライブと言えば、友達と集って、また恋人同士や夫婦で、そして家族そろって出掛けることもあるでしょうが、石川県の白山市にある手取公園ウォーターガーデンは、家族そろって楽しむのに適した素敵な公園です。
まず嬉しいのが、この公園には駐車場あり、300台の駐車が可能になっているところです。なお、公園までのアクセスですが、北陸自動車道を使います。すぐそばが日本海で開放的な空間が広がっています。
そして、美川ICを出てすぐの所にある美川インターの交差点を右折し、県道25号線をわずか2分進むだけで到着しますので楽々です。
なお、この公園は手取川流域に広がっており、大変緑が豊かな施設となっています。そして、園内の施設も見どころがいくつもあります。
例えば、スティックとボールを使って行うマレットゴルフが4ホール35コース、グラウンドゴルフが3コース24ホールあります。通常のゴルフと違って多くの人が気軽に楽しめるのが便利なところです。
また、複数の滑り台があるウォーターガーデンもありますから、暑い日に行くのにも向いている施設です。
そして、周辺施設も充実しており、ピクニック場や遊具広場など、バラエティに富んだ内容ですから、幅広い過ごし方ができることでしょう。

若いカップルなどが、ドライブをする様子は全国各地で見られますが、特に観光地や景色の美しい地域で多い傾向にあります。運転席にハンサムな男性が座って上手に運転をしていて、助手席には美人な女性が座って微笑んでいる姿がよく見られます。そして、観光地の中でも特に人気を集めている場所が金剛寺です。壮大な景色がかなり美しいとされるため、遠方の地域から見に来る人も多いんです。また、近隣の地域に居住している人であれば、毎週のように週末にドライブに来る人もいます。
その近辺には道路がいくつかありますが。若いカップルが乗っている自動車が多く走っています。中にはショッピングをした帰りや、仕事の用事で自動車を運転している人もいますが、ドライブデートをしているカップルが特に多いです。また、カップル以外にも、サークル仲間同士でドライブを楽しんでいる大学生などがたくさんいます。
そして、そのように観光地で運転をしてドライブを楽しむ際には、交通ルールをしっかりと遵守することが大切です。恋人や仲間たちと一緒に車を走らせることで楽しい気分になれますが、交通ルールをきちんと守ってこと楽しさを維持することができるということを知っておきましょう。

能登半島のドライブでは能登島ガラス美術館に立ち寄ると良いです。この美術館は1991年に開館し、世界の現代ガラス作家の造形作品をおよそ400点天使しています。展示作品の中にはスペインの作家サルヴァトール・ダリとフランスのドーム社が共同で制作したものや、ピカソやシャガールなど20世紀の芸術家たちの案に基づいてヴェネチアのガラス工房で作られたものがあります。その他にも中国清朝時代のガラス工芸品など、ガラス芸術を発信する場としてカルチャーリゾートの能登島にぴったりの施設です。またガラス芸術を身近に感じられるワークショップも開催しています。「ガラ美のわくわくシート見つけてみよう」は、小学生を対象として収蔵品を楽しく鑑賞するセルフガイドです。シートには作品の写真やヒントが書かれており、それを手掛かりにどこに展示されているのか探索します。さらにこの美術館は庭園の景観が美しいです。七尾湾北湾を一望できる丘の上に建っており、この丘をガラスの丘と名づけて庭園内にガラス作品も設置しています。毎年テーマがあり、学生や作家と協力してプロジェクトを実施します。晴れの日は海風が気持ちよく、ガラス作品が太陽に照らされてキラキラしています。

ドライブをする際に皆さんの頭を悩ませることのひとつとして、ドライブルートの選定があげられるのではないでしょうか。できるだけ楽にドライブをしたいと思うのは誰もが考えることでしょう。ここでは、ルートの選定方法について説明します。
一つ目は有料道路の利用の有無です。有料道路を使えば、早く目的地に到着することができますが、のんびり行きたい場合もあります。どちらがよいのか初めに決めておく必要があります。
二つ目は目的地にたどり着くまでの間に、立ち寄りたい場所があるかです。食事をとる等の理由で立ち寄りたい場所があれば、当然そこを経由して目的地に行くことになります。道中でふらっと立ち寄ればいいという場合を除いて、これも事前に決めておく必要があります。
三つ目は運転をしやすい道かどうかです。長距離になればなる程、定期的に休憩を取っていたとしても、運転することに疲れてしまうものです。運転しやすい道としにくい道では、疲れ方も変わってくると思いますので、考慮しておく必要があります。
上記の内容を踏まえて、事前にカーナビ等でお勧めのルートを検索しておいて、そこから選ぶ様にすれば、手間もかけずにルートの選定ができるのではないでしょうか。

石川県の河北郡内灘町のドライブスポットの一つに道の駅内灘サンセットパークがあります。この道の駅は河北潟と日本海に挟まれた場所にあります。駐車場に入ると目の前には内灘大橋(通称サンセットブリッジ)があり、周りに高い建物がないせいで結構目立ちます。サンセットブリッジは、見た目がきりっとしている斜張橋になっており、内灘町でもシンボル的存在になっています。サンセットブリッジは夜になるとライトアップされますが、ただのライトアップとは違い、季節によって色が変化し、一年を通して橋を優雅に魅せます。道の駅の東側には河北潟があり、西側には日本海があるのが特徴です。
サンセットパークの近くには内灘町内にある3つの海水浴場のうち最も大きいのが内灘海水浴場であり、夏には家族連れ等で海水浴で賑わっています。冬場でもウィンドサーフィンやジェットスキーを楽しむ客が見られ、一年中にぎわっています。
サンセットパークの遠くを眺めると立山、白山連峰などの北アルプスを臨むことができます。道の駅の中では、地元で収穫された野菜や果物などの直売所だけでなくソフトクリームや地元で採れたはちみつも販売しています。サンセットパークのお店は夕方には閉まりますが、夜は車中泊をする人たちも多くいるのが特徴です。

国道360号線を東におよそ40分ほどドライブすると、「一向一揆の里」という道の駅があります。この道の駅があるのは、今からおよそ500年前に1世紀にわたって「百姓のもちたる国」として加賀一向門徒が樹立した共和国を物語る「鳥越城跡」と「二曲城跡」の真ん中です。鳥越の産物を中心として、白山麓の特産品を揃えています。白山麓の豊かな自然が育んだ野菜や地域の人たちの技を生かした作品が有名です。特に人気なのが手打ちそば処「せせらぎ」です。鳥越はそば畑が広がっており、昔からそば打ちが盛んでした。引き立て、打ち立てそして茹でたてのそばが食べられます。通常のさるそばだけでなく、白山をイメージして山芋やなめこをトッピングした白山颪という白山麓そば会の共通メニューもあります。手打ちそばが気に入ったら、それをお土産店で購入できます。「鳥越そば」は、鳥越地区で採れた玄そばを100%使用したそば粉です。そば粉は6割で香り豊かなのが特徴です。つなぎには石川県産の加賀丸いもをはじめとする国産の原料だけを使用しています。その他にも地酒や米、山野草などの食料品や、地元の人が作ったパッチワークや工芸品を豊富に販売しています。

北陸新幹線の開通によって急速に注目を集めている能登地方。風光明媚な景色と豊かな山の幸海の幸でたくさんの楽しみ方が満喫できるエリアとして人気を集めています。金沢や富山までは新幹線で、そしてそこから能登半島に足を延ばすには車でドライブするのが便利でしょう。自動車道や高速道路ではなく国道など地元の道をのんびりドライブすると旅の楽しみもまたひとしおです。能登半島のほぼ中央に位置し、日本海側最大のカキ養殖地として知られる波静かな七尾西湾に近い中島趙地区の国道249号線沿いにあるのが「道の駅なかじまロマン峠」です。この道の駅の目印は国指定重要無形民俗文化財である「お熊甲祭」で用いられる深紅の枠旗を模した照明灯で、能登地方らしい風情を感じさせてくれます。和風レストランや特産品販売所があり、休憩所には町の特産品であるカキ加工品や中島菜の加工品、そして地元の農家の皆さんによる四季の特産品や工芸品が数多く販売されています。道の駅であれば、たくさんのお客様が訪ねていらっしゃることを期待して、多くの職人さんが作品を持ち寄りますので普段はなかなか手に入れることができない能登地方の工芸品も手軽に購入することができます。

石川県輪島市の人気の観光スポットである名勝「白米千枚田」を見ることができる展望台がある千枚田ポケットパークは能登地方のドライブの際には是非とも立ち寄りたい道の駅です。能登の地元の食材や加工品、お土産物などが販売される物産販売所は能登の美味しいものや手作りの雑貨などが揃っていて見ているだけでも旅情を盛り上げてくれます。ちょっとした食事が楽しめる軽食堂やのんびりと過ごすことができる、この道の駅自体が一つの観光スポットのようです。是非能登ドライブの立ち寄りポイントに加えておきたい場所です。
日本海を眺めると7ツ島が望める見晴らし位の良い展望台からは「白米千枚田」が四季を通して美しい姿を見せてくれます。緑が美しい春の千枚田や秋の稲穂、また10月から翌年3月までの期間は暗くなってきた夕方から太陽光LEDのライトが輝き幻想的で美しいイルミネーションを楽しむことができます。雄大な日本海と美しい千枚田が融合した景色はどの季節も美しく一見の価値があります。
また、近くには揚浜塩田や曽々木海岸窓岩などの是非見ておきたい観光スポットが点在しているので観光の起点にもピッタリです。車で10分ほど行くとねぶた温泉があるので日帰り温泉を楽しむのもオススメです。

バラ01石川県を家族でドライブを楽しむのならば、能登半島がおすすめです。能登半島は石川県の北部に位置しており、海と山の自然が楽しめるところです。以前能登有料道路だったところが、現在はのと里山海道という名称に変わり、全線無料になりました。のと里山海道を通ることで、金沢から輪島までがとても行きやすくなります。能登半島で人気が高いドライブスポットは、千里浜なぎさドライブウェイでしょう。全国でも珍しいところで、砂浜を車が行き来し合うのです。特に夕日が沈む時には絶景を見ることができます。輪島には白米千枚田が人気があります。人気がある時期は、稲刈りが終わった後の10月から3月までライトアップが行われて、くっきりと千枚田が浮かび上がります。能登半島の先端には禄剛埼灯台があります。道の駅狼煙に車を停めて、山の上まで登ると灯台があり、左を見ても右を見ても海という、素晴らしい風景が見られます。能登半島には輪島温泉と和倉温泉という日本でも有数の有名温泉地があります。中でも和倉温泉には日本一の旅館があることで有名です。輪島温泉に行った時に楽しんでもらいたいのが、輪島朝市です。250店ほどの露店が並んで、漬物や魚などが販売されています。今紹介したところは、家族で行って楽しめる人気スポットです。