オープンカーは非常に快適なものです。風を感じて走行すると何とも言えない快感に浸れます。直射日光が当たるのは嫌という人も多いのですが、夏は暑い中でもその解放感を優先して敢えてオープンカーに乗る、という人もいます。
しかし、オープンカーには最大の欠点があります。それはセキュリティと安全性です。オープンカーは当然屋根が無いので、室内に貴重品などをそのまま置いて車を離れるのは非常に危険です。多くのタイプはグローブボックスに鍵がかかるようになっており、この中に貴重品を収納するようになってはいますが、やはり一般の車のように室内に物を置きっぱなしにできないのはつらいものがあります。
最近では電動で屋根がかけられるになっているコンバーチブルというタイプが増えていますが、このタイプでもいちいち駐車するたびに屋根を掛けるのは非常に面倒です。電動型でも、屋根とフロントガラスのつなぎ目は手動でロックを掛けるタイプが殆どなので、面倒なことは余り変わりはありません。
また、オープンカーは屋根が無いので、万が一事故に遭ったときに車の強度が弱い為大けがになりやすい部分があります。特に横転などの場合には車の外に投げ出される確率が高くなるので注意が必要です。
このように一般車に比べるとデメリットも多いオープンカーですが、これらに注意して乗ることで、普通の自動車では味わえない快適さを味わうことができるので、愛好家も多いものです。

オープンカーは屋根を収納する事ができますので、通常の車とは違った開放的な気分を味わいながらドライブを楽しめるのが最大の魅力です。
しかしながら屋根が開く事が時にはデメリットになるのは言うまでもありません。
屋根が無ければ天候によって使い方が左右されてしまいますので、オープン状態でドライブをしたいと思っても雨だったりすると利用できませんし、せっかくのメリットを存分に楽しめなくなってしまいます。
また、ドライブ中に雨や雪が降ってくると困ってしまう事になりますし、夏場で日差しが強い場合ですと、暑さを過剰に感じ易くなる事にもなるのです。女性の大敵である紫外線にも照射されてしまいますので、通常の車と比較すると扱い難さを感じてしまうのも事実ではないでしょうか。
しかしながらオープンカーのオーナーはそれらのデメリット以上にメリットに魅力を感じているようです。開放的にドライブをする為にはやはりオープンカーは最適の存在ですし、他では味わう事ができません。
天気が悪い事によって制限を受けてしまいますが、天気が悪ければ屋根を付けて走れば良い訳ですので、臨機応変に対応すればデメリットもさほど大きな問題では無いとも言えます。

オープンカーは人気の高い形状ではありますが、しかし現実的に乗っている人はあまり多くありません。
その理由には価格が高価であることももちろんありますが、しかしそれよりも問題になるのはオープンカー特有の弱みです。
まず最初に考えておかなくてはならないのが、オープンカーはその形状のために積載できる荷物が少なくなってしまいます。
同じ排気量のワゴン車などと比べると積載量には天と地ほどの開きがありますから、買い物や荷物の運搬といった使用法にはやや難があると言わざるを得ません。
加えて、運転者や同乗者がむき出しになっているために万が一の事故が発生した際の死亡リスクが高いことも短所と言えます。
通常の屋根がある自動車であれば、正面衝突をしてもフロア側とルーフ側に衝撃が分散され、乗員に伝わる衝撃はかなり緩やかなものになります。
この点で言えばオープンカーは衝撃がフロアに行く以外の逃げ場が無いわけですし、万が一転倒でもしようものなら乗員は車外へ放り出されたり、地面に直撃してしまうことでしょう。
安全性能に関してはオープンカーの多くが懸案事項として優先的に改善するようにしてはいますが、それでもセダンやワゴン車などに比べると劣るのは事実です。
オープンカーなりのメリットももちろん数多くあるのですが、オープンカーがあまり日本国内で使用されていないのにはこうした背景があるとして考えるべきでしょう。

たくさんの車がありますが、一般的に乗る人が多いのは誰から見ても無難な車です。それでも、やはり趣味性の高い車は一部の人々からとても人気があります。クラシックカーと呼ばれる部類の雰囲気を感じられる車などもあれば、オープンカーなども根強くいろんなタイプがありますので、それだけ愛されている車といってもいいのです。特にオープンカーは海外の車でないと見かけないのではないかと思うかもしれませんが、意外に豊富な種類の車があります。少し昔には、軽自動車でもオープンカーがあったぐらいです。メリットは当然ながら、乗っていて楽しいの一言に尽きます。天井を開けて窓も開け放して乗れば、開放感に浸りながら車を走らせていくことができます。周囲からの注目も浴びますので、ちょっとした優越感に浸ることもできます。それに、景色もじっくり見ることができますから、運転をしていてあきません。大抵のオープンカーの場合は、車のエンジンと席が近く感じられるので、運転をしている感覚がダイレクトに伝わるのも楽しめる要因でしょう。車が好きなら、一度はオープンカーに乗ってみて下さい。想像していた以上に違う車の世界が目の前に広がっていくはずです。

直線道路で信号や障害物がないと、道を占有して走る気分になれますし、開放感に優れたオープンカーならば、いつでも縛られない走りが実現します。
風を直接感じる事が出来るオープンカーなので、天気や天候の影響を肌で感じたり、環境から発する匂いを知る事が出来ます。
また、日差しを浴びながら運転が可能ですし、晴れた日は心地良さを感じながらドライブが楽しめます。
雨の時に濡れ易い点や、真夏の炎天下に対する懸念は存在しますが、天井の開閉機構を備えていますから、不満よりも利便性が勝ると考えられます。
高速で走る時は、安全性に対する意識や配慮は大切ですが、その点さえクリアしてしまえば、通常の車では味わえない走りの体験が行えます。
前方にはフロントガラスがあるので、視覚を一切遮らないとはいえませんが、左右は完全に解放されますし、後部も殆ど覆い隠す物がない状態です。
特筆すべきは上部で、昼間は日の光を浴びる事が出来ますが、夜間は星空を眺めたり、環境と一体になれる感覚が得られます。
何といっても他のドライバーに差を付けられる走りは、オープンカーだけが持つ特権ですから、優越感を感じたり違いを実感する機会を得ますし、街中を走る時も特徴をアピールする存在になります。

オープンカーの強みはなんといっても開放感です。他のクラスではサンルーフなどで開放感を得られる場合もありますが、オープンカーとは比べ物になりません。オープンカーは2名から4名という乗車定員が少ないことがデメリットとも言えますが、開放感を楽しめることは何にもましてうれしいと言う方も多いようです。また、オープンカーを選ぶ理由として運転が楽しくなるという方も多いようです。セダンやハッチバックでも運転はたのしいのですが、オープンカーのように風を感じられる車の場合はコーナリングでも、高速でただ流す運転でも普段は感じることのできない喜びが多数あるようです。ただ、オープンカーの欠点として雨の日には幌などを装着する必要がある点があげられます。これについてはオーナーの考えは2つに割れるようです。1つは諦める、雨の日は乗らないという方、もう1つは幌をつけても車としての楽しみは変わらないという方です。後者の方はセダンのように乗ればいいだけと割りきって乗る方ですし、前者の方はやはり、視界が狭くなることで他の車に乗り換えるという方も多いようです。オープンカーは2台目、3台目で買う方も多く、純粋に走りを楽しみたいと割りきって乗る方が多いようです

Tバールーフとはオープンカーの形態の一つであり、ルーフパネルの中央部分だけを残して左右のルーフを取り外せる構造になっています。1970年代から80年代には多く発売されていたのですが、1990年代以降は屋根を格納するタイプなどが登場したことにより、現在このオープンカーを新車で発売しているメーカーはありません。これはいわゆるスポーツカータイプの車種として設定されており、取り外しできる部分はガラスで作られているものなどもあります。構造によってはフルオープンカーよりもボディ剛性を高めることができますし、フロントガラスを支える部分を細くすることで車体斜前部の視認性をアップさせることもできます。この車は運転者の真上が開いているため、開放感を得ることができるというメリットが挙げられます。また、フルオープンカーの場合、ほとんどが専用設計となっているのですが、この車はノーマルルーフ車の設計やデザインを踏襲することができるため、コストを抑えることができるというのも特徴です。しかし、オープンカーの一種であるため、経年劣化による雨漏りが起こりやすく、標準車よりもボディ剛性の低下が激しくなっています。しかし、大きな事故などが起きない限り、消耗部品を取り替えれば長く乗り続けることができます。

タルガトップとは、主に2人乗りのスポーツタイプの自動車に採用されている仕様です。頭上のルーフパネルのみを外せるようになっており、Bピラーは固定されています。またリアウインドウも取り外し可能にしているタイプのものもあります。

イタリアで行われていた「タルガ・フローリオ耐久レース」が名称の由来になっています。1966年から1970年まで大会5連覇を飾ったポルシェが、その勝利を記念してポルシェ・911のセミコンバーチブル仕様にタルガと名付けたのが最初です。タルガ自体はポルシェの登録商標となっているため、他のメーカーがこれを製品の名称に使用することはできません。ただそれ以前の他社車種にも採用されていた仕様でもあります。

屋根を外すことのメリットとして前からの風圧は防いで、横からと後ろから巻き込む風の心地よさを感じる事できることです。ルーフの後部が残るため完全なオープンカーではありませんが、スタイリッシュなクーペボディと爽快なオープンエアを両立していてアメリカを中心に人気が高いです。国産車ではホンダ・NSX(タイプT)、CR-Xデルソル、スズキ・カプチーノ、トヨタ・S800などがこれを採用しています。

オープンカーとは、和製英語で、屋根を開けてドライブできる自動車のことです。
種類は大きく「ロードスター」と「コンバーチブル」に分かれます。
「ロードスター」は、基本がオープンで、雨の対策などに、ソフトな素材の幌を使っているものです。日本車では「マツダロードスター」などがあります。
対して、「コンバーチブル」は屋根の部分に比較的しっかりした素材を使っているものです。車名に使われている日本車では、「日産シルビアコンバーチブル」などがありました。
他にも、細かい呼称としては、ロードスターとよく似た構造の「スパイダー」や、非スポーツタイプの車の呼称になることが多い「ガブリオレ」などもあります。日本では以前「シティ カブリオレ」などが発売されていました。
「タルガトップ」は、屋根部分を取り外せるようにしたもので、「Tバールーフ」は、屋根の真ん中を残し運転席と助手席部分の上部が開くものです。
また、屋根を開けるという意味では、屋根の部分に窓を設けて開放感を楽しめるようにした「サンルーフ」タイプの車などもあります。しかし、サンルーフの場合、ガラス部分の厚みがあるため、一般的に同様のサンルーフのない車よりも天井が低くなる傾向があります。

たくさんの車種がある中で、オープンカーという特殊なタイプの車を選ぶ人たちもいます。テレビや漫画、ドラマや映画などで出てくると思わずわくわくしてしまう人も多いです。天井を広々と開け放して、道を走り抜けていくその姿はとても開放感に溢れています。憧れの車だという人はいたとしても、実際に乗ったり所有する人はあまりいません。けれども、一度乗ってみればその乗り心地に病み付きになってしまうことは間違いないでしょう。一般道路でもそれらしい車は見かけても、あまりオープンにした状態で走っているのを見る機会はありません。もしも試乗などをする機会があれば楽しんでみて下さい。他にも知り合いで所有している人がいれば、乗せてもらえないか頼んでみるのもいいかもしれません。上を見れば青い空が広がって、左右には移り行く景色というのは本当に素晴らしいです。街中を走るよりは、海岸線や山道などを走ればさらに爽快感は増します。車を運転しながら、風と一体化しているようなそんな気分にさせてくれます。雨の日は天井を開け放したりすることはできませんが、天気のいい日はぱっと開けてみて広々とした世界を感じてみましょう。もっと車の運転が楽しくなります。バラ02