初心運転者が初めてセルフで給油したり、ディーゼル仕様からガソリン仕様へ買い替えた場合などは、燃料の入れ間違いをしがちです。
特にハイオクとレギュラーの入れ間違いは良く見られますが、不具合を生じることはほぼありません。ハイオクとレギュラーの違いはオクタン価にありますが、オクタン価とは使用する燃料が、どの程度ノッキングを起こすかを表す数値です。ノッキングとは、エンジンが作動中に生じる振動や金属音のことで、ノッキングが起きないほど高いパフォーマンスを生み出すことができます。
このため、ハイオク仕様にレギュラーガソリンを入れてしまった場合、本来のパフォーマンスを出すことが出来ないものの、エンジンそのものに悪影響を及ぼすわけではありません。レギュラー仕様にハイオクを入れた場合も同様で、特に問題が起きることはありません。
注意すべきは、ガソリン仕様に軽油を入れてしまった場合や、ディーゼル仕様にガソリンを給油した時です。
ガソリン仕様に軽油を入れた場合は、黒煙を吹きエンジンが止まることもあります。これを回避するには、気づいた時点で速やかに燃料を取り除く必要があります。ディーゼル仕様にガソリンを給油した場合は、白煙が吹き、やはりエンジンが停止します。
いずれの場合も、エンジンに多大なダメージが残るため、注意が必要です。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。