静電気というのはいきなりなる非常に嫌なものですが、目には見えていないことが多いですが火花を発生させている非常に危険な状態なのです。この状況で怖いのは引火物を扱う場面です。具体的にはガソリンや灯油などの引火物には注意を要します。ガソリンスタンドは給油で普通に訪れるところですが、最近ではセルフのところが非常に多くなっています。セルフは文字通り自分で給油を行うことになりますから静電気が発生しやすい時期には特に注意を必要とします。まずセルフスタンドの場合は画面で示された通りに進めて行くことになりますから、基本的に難しくありません。現金なのかカードなのかを決めたら、ガソリンの種類を決めていきます。全てを決定した後に静電気除去パッドに触るように指示があります。触った後にノズルを持って給油をしていけば、事故につながることはなくなります。これをきちんと行わないで給油をおこな行ってしまうと、静電気が発生して火花から非常に引火しやすいガソリンに引火してしまう可能性もあります。実際に事故になった映像も無料動画などでアップされていますから、必ず守る必要があります。静電気がトラブルにつながるような職場ではきちんと教育を行って扱うようになっています。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。