エンジンブレーキとは簡単に言えば「アクセルをオフにした時に物理的にかかる減速する力」です。これはアクセルをオフにするだけでは無くギアを落とした場合も発生します。バイクやトラックなどに乗っている方などは上手に利用している方が多く、エンジンブレーキだけでスピードをコントロール出来てしまいますが、オートマが普及している現在の一般のドライバーの方にはあまり浸透していないかも知れません。エンジンブレーキの使い方はマニュアルであれば自然に身につくものですが、オートマでは走る事に関して必ず必要な技術でもありませんし意識してかける必要があるのであまり知られないのでしょう。ですが減速時にエンジンブレーキが大いに役立つ場面があります。長い下り坂や圧雪・凍結した路面での走行です。特に圧雪・凍結した路面では下手なブレーキではすぐにロックしてスケート状態になってしまいます。ですのでまずはアクセルオフ、シフトダウンで減速してからのブレーキングが重要になります。オートマでも4速ATなどの場合はオーバードライブオフ、2、Lの順で4、3、2、1とシフトダウンしますしCVTでもシフトレバーの操作でエンジンブレーキがかかりますので上手に利用しましょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。