車を走行させるうえで欠かすことができないのがアクセルの踏み込みです。ただし、単純に踏み込めば良いと言うものでもありません。アクセルは、強く踏み込めばそれだけ急発進しますし、走行速度も増していきます。そうしたことは思いもよらぬトラブルや事故を引き寄せる要因にもなりかねないため、安全のためには、これをゆっくりと踏み込むことが求められます。また当然、踏み込むことによって発進、加速する際にはその原動力としてガソリンが消費されます。これは、ガソリンの消費において非常に大きなウエイトを占めるとも言われています。ですから、少しでもガソリン代を節約したいと言う場合には、まず発進時においてはゆっくりと踏み込むことが必要です。そしてある程度の走行速度が出てきたら、それを一定に保つこともポイントです。特に必要もないのにアクセルを踏み込み走行速度を加速させると、それだけエンジンはガソリンを消費します。またガソリンの消費と言う点に関して言えば、ブレーキとアクセルを頻繁に踏みかえると言うのも、それを多くする要因です。必要以上にスピードを出すと、当然、周囲との兼ね合いなどによってブレーキを踏む回数も増えてしまいます。また急ブレーキをかけることも多くなるため、ガソリン消費は多くなってしまいます。ですからエンジンとの関係から見ても、アクセルの踏み込み過ぎは燃費悪化を招きかねないと言うことができます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。