自動車の保険は事業用と個人用で考え方が違います。そのため、個人事業主として自動車保険を考える場合は今かけている自動車保険が事業で利用している車でも適用されるか確認しておくことが重要です。

 

個人契約と法人契約で最も違う部分は適用される範囲です。

 

個人での契約の場合、通勤時の事故は設定次第で保障されますが、事業で使っている車の場合は保障されないことや、減額補償されることも少なくありません。これは、事故を起こす原因が事業用と個人では異なることであり、個人向けに比べて割高な保険料になっていることも、事故が起こりやすいシチュエーションが事業で利用する車は多いと判断されていることもあります。そのため、個人事業主や、法人化での保険の見直しは確実に行っておきたいところです。

 

 

また、法人向けの自動車保険の特徴として、社員であれば誰が運転してもよく、年齢制限も行わないことが挙げられます。事業で使う自動車は社員が使うものであり、利用者を固定する必要がないのが理由の1つです。また、個人用の場合利用するシチュエーションが限定されていますが、事業用の場合は24時間いつでも適用される事が多く、個人用に比べて適用範囲が広いことも特徴としてあります

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。