最近の高速道路には必ずと言っていいほど設置されている「ETC」ですが、ETCレーンを通過する時にETCカードを挿入していなかったり、誤った挿入方法をしてしまうと、ゲートの開閉バーが開かずレーンを通過することが出来なくなってしまいます。万が一ETCカードを正しく入れ忘れてしまい、開閉バーが開かない時はどのように対処すればよいのでしょうか。開閉バーが開かない時の対応は「二輪車」と「四輪車」で異なりますが、どちらの場合も絶対に後退したりUターンをしてはいけません。高速道路は車が高速で行き交っているため、急に後退したりUターンをしてしまうと後続車と衝突する恐れがあります。四輪車の場合は、まずゲートの開閉バー手前で車を停車させます。この時、開閉バーに接触しないよう注意します。車を停車させると係員がインターホンで対応してくれるため、その指示に従いましょう。また、二輪車の場合は開閉バーと後続車両との接触に注意し、開閉バーの間を通過します。四輪車と異なり、レーン内で停車してはいけない点に注意しましょう。入口のレーンで開閉バーが開かなかった場合は、インターホンでの指示を待たずにそのままゲートを通過します。そして、出口の料金所で一般レーンに入り、入口でETCゲートを正常に通過出来なかった旨を係員に伝えましょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。