日本国内で流通している車は、質がいいとして世界的にも有名であり、中古車の人気も高くなっています。
そのため、買い付けた中古車を海外へ輸出する中古車貿易業を専門にしている業者も国内には多数あります。
しかし、海外バイヤーとの貿易には国内とは違った面も数多く出てくるものです。
例えば、代金決済の方法はそれが顕著ですので取引きの際にはしっかりと確認しておかなければいけません。
まず中古車貿易で一般的な代金決済の手段として使われているのが、テレグラフィックバンクトランスファーという手法です。
これは国際銀行を経由して電子送金によって代金を受け取るというもので、感覚としては日本国内の各銀行間で行われている振込と同じような手段となります。
ですので、それほど違和感を感じずに利用することが出来るはずです。
この決済を使う場合は、銀行間の振込手数料を確認して、使う銀行を選ぶとよいでしょう。
次によく使われる手段としてレターオブクレジットと呼ばれるものがあります。
これは代金を支払う側の国の銀行で代金を受け取る側が事前に必要書類を提出し、荷為替信用状を発行してもらうことで確実に代金を受け取れるようにするものです。
発展途上国などでよく使われる代金決済ですので詳しいやり方を調べておく必要があります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。