記名被保険者の名義変更は確実に行う必要があります。

 

任意保険は個人が車に対してかける保険ですので、利用者、車が限定されます。

 

また、任意保険によっては、運転手を限定することで保険料を下げている場合もあり、被保険者はとても大事なことです。被保険者以外が運転して事故が起きた場合に保険が支払われないこともあります。被保険者を変更する際は確実に、早急に変更することが重要です。運転手を限定せず、誰が乗っても補償を受けたい場合は特約にて運転手を限定しないようにする必要があります。車の任意保険では運転手を限定したり、年齢を制限する特約があり、保険料を下げるために多くの方に利用されています。

 

 

しかし、家族以外に運転してもらうことがあったり、同居していない家族が運転する場合などにも運転手は無制限にしておくことが必要です。特に家族限定にしている場合、同居してる家族が対象であり、別居している場合は対象外であることも勘違いされやすいポイントの1つです。また、子供が運転する場合は別居していても対称となることもありますので、各保険毎にチェックが必要です。運転手の制限については年齢も重要です。特に子供が運転することもあるという場合、年齢制限を設けないという方も多いようです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。