車には最適なオイルがありそれぞれに適したものがあります。購入するときに数字が入っていますがこれで特徴が大きく変わってきます。左側の数字は粘度をあらわします。粘り気があるかサラサラかということを知るための数字になります。数字が小さければ流動性のいいものになるので、冬場の低温時にも潤滑が良くなるので始動性が高まります。
始動性が高まるということは燃費にもいい影響を与えるので非常に経済的にもメリットがあります。
購入するときに入っている右側の数字は熱に対する強さをあらわします。エンジンは回転数を上げると熱を持っていきますが、数字が大きいものを使用すればそれだけ保護性能が高まります。エンジンの周囲にきちんと膜をはってくれるからです。ただ車にはそれぞれ合ったものが存在しますので、乗っているものによって選び方が変わってきます。軽自動車と高級スポーツカーでは選ぶものは違ってきます。高出力やターボなど高速で走ったり加速を重視したりする車の場合は数字の大きいものを選択していくのがベストです。これにより車の性能を極限まで発揮させる事が出来ます。
軽自動車は始動性を良くするために数値の小さいものがベストになってきます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。