海外に中古車などを売却する業者などが近年では増加傾向にありますが、海外に輸送る手段としては、いくつかの選択肢が用意されています。最も速いものでは飛行機を使った方法です。安全に確実に届けることに向いているものですが、料金が非常に高いことがネックになります。最もポピュラーな方法としては、ローロー船を使う方法です。この船は自動車を輸送することに特化している物として利用されていて、船首か船尾に自走可能なゲートを設けていることが一般的です。カーフェリーに近いスタイルを持っていますが、輸送用として多くの国で対応している船になります。次に利用されているものはコンテナ船です。このタイプは複数台をまとめて輸送することに向いているものですが、一般的にはローロー船の方がコストが低めに設定されています。自動車を輸出する際には船荷証券の発行が必要とされるケースが目立ちますが、船荷証券を相手側に送付する方法として国際宅急便が用いられることが多々あります。しかし、この場合でも相手国の状態などを把握しておき、対応している際に利用することが必要です。他にも輸送方法などが用意されていますが、正しくインボイスを発行して輸出する際には国際規格に合わせることが大切です。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。