停車せずに料金所を通過できるETCは便利ですが、まれにETCのレーンが開かないことがあります。
原因は、ETCカードの入れ忘れやカードの挿入が不完全であること、ETC未搭載の一般車両が誤って進入すること等です。
万が一レーンが開かなかったときは、その場で停止し、ゲートに設置されているインターフォンを押して、料金所係員と連絡を取ります。その後の対応は係員の指示に従います。
入口料金所でレーンが開かない場合は係員に通行券をもらいます。この場合は出口料金所でETCレーンを利用できないため、係員のいる一般レーンを利用します。出口料金所を通過できなかった場合は、係員の指示に従いカードを提示したり、料金の支払いの手続きをしたりします。
また、二輪車の場合は、ETCバーや後続車両への接触を避けて退避します。
もし、開閉バーが開かないまま通過してしまったときは、速やかに料金所または管轄の道路会社に連絡し、通行料金の支払いについて問合わせてください。
後続車に追突されるのを防ぐため、車を後退させたり、車から降りて歩いたりしてはいけません。このようなトラブルに安全に対処するためにも、ETCを通過する際は時速20km以下で走行し、車間距離を十分に取りましょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。