日本の中古車は世界中に輸出されています。特にアジアの新興国では品質の高い日本の中古車が人気です。タイはアジアのデトロイトと呼ばれており、自動車が多いです。またマレーシアでは最近経済成長が著しく、それに伴って自動車を購入する人が増えています。シンガポールも世界の企業が集まっており、外車に乗る人が多いため輸出先として利益を挙げられます。貿易が盛んな地域でも、中古車のやり取りは行わないことがあります。トヨタ車は壊れにくいことや、もし壊れてもスペアパーツが他のメーカーと比べて安くで入手できるため人気があります。輸出先によっては右ハンドルと左ハンドルで輸出が制限されることがあります。しかし日本でも右ハンドル車が主流ですが、中には左ハンドル車が走っているように、主流のハンドルの向きと反対の向きの車でも輸入が可能である場合が多いです。輸出先によってどのような車が好まれるか分かれます。例えばアイルランドではスカイラインなどのスポーツカーが人気ですが、南米では日産車が人気ですが基本的に安ければ輸入してくれます。販売価格の安さなどバイヤーによって高く買い取る理由は様々なので、よく相談して中古車を輸出するのが良いです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。