最近では一般の店員がいるガソリンスタンドよりもセルフ式ガソリンスタンドが多くなってきていますが、未だにセルフ式ガソリンスタンドの使い方がよくわからないと言って遠くの一般ガソリンスタンドに通う人も多くいるようです。確かに自動車のメカに詳しくない人にとってはセルフ式ガソリンスタンドは面倒な印象があり敬遠したくなる事もあるでしょう。ガソリンには種類があります。レギュラーとハイオク、またプレミアムハイオク等というものもありますが、詳しくない人は店員におまかせで入れて貰っているでしょう。また、一般的にはガソリンを入れる給油ノズルはどうやれば出て、どうやれば止まるのかを知っている人も少ないでしょう。しかし、これらは実際には誰でもできる簡単な事なのです。まず自分に必要なのはハイオクかレギュラーかをカタログで調べておきます。給油口が左右どちらにあるかはインパネの燃料系メーター横の矢印がどちらについているかで判ります。給油パネルで満タンを選んでおけば給油ノズルのトリガーを引くだけでOKです。溢れる前に自動的に止まります。後は自販機のように給油機で清算するか、出てきたレシートを清算所に持って行けば良いのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。