親族間での同居をしている場合では、自動車保険に加入できる場合とできない場合とがあります。個人特定で加入をしている場合には、親族だろうが誰であろうが補償はされませんが、そうではない場合の保険については例えば夫婦や親子関係など明らかに血縁関係、姻戚関係にある場合などには補償されるタイプも存在します。

観葉植物02
運転手だけでなくその同乗者と限定して販売をしている保険のタイプも存在します。そういった保険の場合には、保険料が運転手だけの場合よりも上乗せされている場合もあり、運転をする人だけでなく同乗者も保険を掛けるべきかどうかは慎重に判断をする必要があります。

 
こうした保険については、今多くなってきているインターネット通販型の保険について、その約款などをよく読んで申し込むなどの対応が必要です。不明な点は必ず確認をするなどして、その上で納得の上で加入をするようにすることが大切になります。

 
保険で困るのが専門用語の多さですが、不明な点は先述のとおりあらかじめ加入する前に確認を行うことが重要でもあるし、また分からないまま加入をすることがないように事前に契約内容をよく把握して、契約料の安さだけで選ぶことがないように心がけることが必要です。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。