アーモンド車を運転する人の中には、近所のシンプルなコースを走るだけの人もいれば、高速道路に乗って遠くに行く人もいるでしょう。高速道路と言うのは、一般道と比べて環境がガラリと変わりますから、それなりの注意点と言うのがあるものです。
必ず覚えておきたいのが、車間距離です。高速道路はかなりの速度が出ているものです。ですから、きちんと車間距離をとって走行することが大切です。例えば、100キロで走行中には、100メートルの車間距離が必要と言われています。そして、状況によってはさらに距離をとる必要があります。雨の日の場合には、2倍ぐらいは距離をとっておいた方が安全なものです。
これだけの速度が出ていたら、当然すぐには停止できません。ですから、常に安全を意識して適切な車間距離を保つことが必要になってきます。
ちなみに、高速道路と言うのは、タイヤへの負荷が大きいため、スタンディングウェーブ現象と言って、タイヤが破裂してしまうことがあります。こういったことにならないようにするために、事前にタイヤのチェックをしておきたいところです。空気圧や残りミゾをチェックすることで、タイヤの状態を把握できますので、トラブル防止に役立てることができるものです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。