中古車貿易をはじめるためには、いくつかの貿易条件をクリアする必要があります。
まず条件の一つ目は、必要書類を揃えることです。
どこの国に輸出をするのかによって必要書類の数は若干、変わりますが、基本的にはインボイス、パッキングリスト、B/L、輸出抹消登録証明書、船積前検査証明書などの提出を求められますので、しっかりと確認して不備がないようにしましょう。
次に欠かせないの資格の取得です。
中古車輸出を行う際に必要というわけではありませんが、輸出するための中古車を買い付けるためには古物商の免許が必要となりますので、各都道府県の公安委員会にて取得しておきましょう。
上記の準備が整ったあとは、最後に実際に貿易を行うための必要手続きがあります。
中古車輸出をする場合は、買い付けた中古車を用意すればいいだけではなく、輸送ルートや販売ルートを確保しておかなければいけません。
ですので、まず中古車を現地に運ぶための船の手配にはじまり、海外のバイヤーとの契約をしておきましょう。
また輸送の際には、運輸局で輸出抹消仮登録、輸出予定届出証明書の交付などを受けなければいけません。
このように段階を踏んで貿易条件をクリアしていくことではじめて中古車貿易を行うことが出来るのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。