中古車を輸出する際は古物商免許という資格がなければいけません。これは、古物を利用してビジネスをしますよという許可証みたいなものです。古物商免許が必要なのは中古車の輸出だけでなく他にリサイクルショップ、古本屋、中古車販売、古美術商、商業的なフリーマーケット・インターネットオークションなどを経営する際も欠かせません。取得方法はオフィスなどがあれば、そこの所在地を管轄している最寄りの警察署の防犯係に行けば申請は行えます。申請する人が過去によっぽどの悪い前科がない限り申請は通ります。また申請の書類は警視庁のホームページで印刷できるので、印刷し記入してから警察署に行き申請をすれば時間の短縮にもなります。そして1か月以内で許可され取得という形になります。中古車をインターネットオークションで販売する場合は古物商免許の他に追加で古物競り斡旋業の申請もしなければいけないので注意してください。また中古車輸出をする際にあると良い免許は、輸出入者標準コード、インボイス、パッキングリスト、船荷証券、輸出抹消登録証明書、船積前検査証明書です。また中古車輸車等を経営者は中古車を購入する際の参考価格を知るために中古車オークション会場を利用します。ですが中古車オークション会場の会員資格を取得しなければ利用できません。また入会規定もあり古物商免許取得してから1年が経過していること、不動産を所有する連帯保証人がいること、オークション会場利用料金の不払いがないことなどがあります。この規定は場所によって内容が違うので必ず確認してください。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。