中古車買取りなどを行う業者も増えていることが現状としてありますが、買取った自動車に関しては国内で中古車として販売することの他に、海外へと輸出用として販売するルートを持っている業者も多数存在しています。中古車の輸出に必要とされている書類がいくつかあり、該当することを行う方ならば、事前にチェックした上で用意することが求められています。有名なものでは輸出末梢の書類があります。輸出通関で用いるものになり、一般的には陸運局で発行されているものです。この書類は盗難車などを避ける意味合いを持っており、正しく管理することが求められています。インボイスの発行も大切です。インボイスは該当車両の車名価格、契約条件などを記載しているものになり、売買の双方で用いられることになります。B/Lと呼ばれているものも重要です。これは船会社が依頼者と正式に積み荷としての契約を結んでいるという証拠になり、相手側の国での引換証としても利用されることがあります。原産地証明書などが求められるケースもあります。この書類に関しては国産車であることを証明する内容を持っており、商工会議所によって発行されています。中古車輸出に関しては取引を行う国によって求められる書類が変わることがあり、事前に調査を行った上で準備することが大切です。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。