中古車市場が拡大している最中になり、現在では国内から海外へと中古車を輸出する業者も増加しています。国産車は古くなっても海外では高い信頼を得ていることが多く、一定の走行距離数を持ってる自動車であっても海外では需要が見込めます。その結果として輸出を行う台数も増えているのですが、その際に必要としている手続き等の手順というものがあります。まずは国内で古物商の免許を取得することが必要になり、初めて古物を売買できるようになります。中古車に関しては抹消登録を済ませておくことも基本になり、海外の相手先との交渉も重要です。売買金額の設定や支払い方法などを予め決めておくことが必要になり、後々のトラブルをなくすことができます。一般的には船を使って輸送する方法を選択しますが、この場面ではインボスを作成する内容と、船に積み荷として乗せることの証明書の発行も大切です。関税申告や輸出許可などを受けることも必要になり、煩雑な手続きを代行している業者も存在しています。国内側では後にリサイクル料の還付申請を行うこともでき、忘れずに手続きを済ませることが必要です。輸出を行う国によって規定が異なるケースが多いこともあり、事前に確認を十分に行ってから手続きを進めることが最適です。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。