前輪駆動車で直列エンジンの場合、エンジンの向きはほとんどが横置きです。なぜ、縦ではなく、横置き直列エンジンを採用するのかというと、直列エンジンが縦長なので、縦置きにするうと、エンジンルームを長くしなければならなくなり、コストの面やバランスの面で不利になるということが大きな理由としてあげられます。しかし、エンジンを横置きに置くと、スペースを小さく取る事ができます。空いたスペース分をキャビンに充てることで、室内空間を広くすることができるというメリットも生まれます。

また、エンジンとトランスミッションが一体にすることができるので、その分でも生産コストを抑えることができたり、エンジン回転軸と駆動軸が平行になったほうが、力のロスが少なくなるのというメリットもあります。このように、前輪駆動車にとって横置きエンジンのほうが様々な面でメリットが大きいのです。かつては、トヨタ・ターセルやホンダのインスパイアーなど一部の車種に縦置き直列エンジンがありましたが、今は消滅しています。しかし、後輪駆動車になると、逆に多くが縦置きエンジンとなっています。また、4輪駆動車が多いスバルの水平対向エンジンなども縦置きです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。