ETCトラブルのなかでもあるあるなのが、カードの入れ忘れではないでしょうか。
機械にカードの挿入を忘れて、そのまま車を発進してしまい、ゲートを通れないということはよくあると思います。
そのままカードを挿入しっぱなしにすれば大丈夫な訳ですが、一家族に一枚だけ作成して、複数の車を所持していた場合は差し替える必要があるためよくあることなのです。
これを防ぐためにはしっかりと確認することが大事ですね。

その他にもたくさんETCあるあるはあります。
前方の車が先ほどと同じようにカードを入れ忘れたか、有効期限が切れていたかでレーンで止まってしまい立ち往生してしまいます。
後ろに並んでいると待たされてしまうので、できるだけ避けたいことですよね。
カードを入れ忘れた方の中には当然進入できるだろうと、そのまま発進してしまい開閉バーにぶつけてしまう人もいます。
大きな事故というものは少ないのですが、当然開くものだろうと思い込んでしまうため接触がよく見られるのです。

カードを入れたのにゲートが通れないこともあるのですが、これは機械が古くなって読み取り機能が劣化している時によく起こる現象です。
低速で通行すれば大丈夫なことも多いのですが、急にスピードを落とすと危険なので、やはりカードの挿入もそうですが、新しい物に交換しておいた方が良さそうですね。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。